ひらめや / monoBlue

音声サークルmonoBlue&一条ひらめ&二條ひらめの合同サイト

一条ひらめの~6/15

先ほど、一条ひらめのTwitterアカウントの方でどどどっとフォロバさせていただきましたー。

今後ともよろしくお願いします(´▽`)

先にちょっとお知らせです。
今週6/18(土)は友人と遊ぶことになったので、22時からのラジオはお休みさせていただきますー。
22時前に帰ってはいると思うので、のんびりと雑談放送はしようかなーと思ってます。
で、来週6/25(土)は実家に行く予定なので、同じくお休みです。
二週連続でラジオ休んじゃいますが、ご了承くださいませ。

で、前回のラジオアーカイブですが…

使用した楽曲の問題で、一部デバイス(おそらくiPhone?)ではアーカイブが見れない仕様になってます。
PCからだと聞けると思うのですが…申し訳ないです。次回までにその辺りしっかり準備しておきますー。

このラジオ内でも言っておりますが、現在個人依頼を受付中です。
詳しくはこちらの記事をご参照くださいませ。

名前を呼んでもらうことは可能ですか?という質問をいただくことが多いのですが、もちろん可能です。
僕が作る、または出演させていただく音声作品と個人依頼の一番の違いは、名前を呼ぶことができるかどうか…ということかなーとも思いますし、ぜひぜひ活用してくださいませ!

(あ、以下ちょっと作品のネタバレ含みます)

以前ラジオか雑談で喋ったかもしれないのですが、できることなら「淫魔のいる生活」のスイは、彼女のことを空腹を満たす人ではなく、愛しい人と思った段階から”お前”ではなく彼女の名前を呼ぶ…というストーリーが出来たらなーと思ってましたし、
「執事たちのいる生活」での火織の誕生日は、普段は”お嬢様”と呼んでいる火織が、耳を塞いだあの一瞬はお嬢様の名前を(どのようにかわかりませんが)呼ぶ…というような感じにできないかなーと悶々してましたし、やっぱ…

名前っていいよね!!

って思います。

ね!!

あ、色々悩んだ結果、”めっちゃ愛しいという気持ちを込める!”という方法を取りました(笑)
少しでも2人の想いの変化や強さが出てたら嬉しいです。

作品ごとにそれぞれ名前が自由に呼べるのなら、最初は苗字呼びだったけど色々あって名前呼びに変化…とかもできるのになー!!とか、シナリオ書いてると悩むことが多々あります。一人ひとりに合わせて制作できたら最高なんですけどねー…なんかそういうのもいずれ考えてみたいですね(需要のほどはちょっとわかりませんが笑)

と、そんな感じで。
あんまり動きはないですが、一条ひらめ(というかmonoBlue)も少しずつ色々とやっております!
ではではー!